お金を増やしたい!でもどうやってどういう方法で増やせばいいんだろうか?

お金は増やしたいけど方法がわからない!簡単な方法があったら知りたい

■お金を少しでも増やしたい

 

少しでも多く、お金を手に入れたい、お金を持ちたいと言う気持ち、誰にだってあります。

 

でもどうやって増やせばいいんでしょう。

 

ギャンブルでしょうか、それとも投資でしょうか。

 

もっと簡単に、ささやかながらにお金を増やす方法、無いものでしょうか。

 

とりあえず節約を

 

お金を増やすというよりも、持っているお金に余裕を持たせるためには、節約という手段が最も適しています。

 

しかも直ぐにできます。

 

お金が足りない人というのは、とにかくお金の出入りがつかめないというタイプがほとんどです。

 

例えば、家まであと30分なのにのどが渇いた、なので自販機で飲み物を買ってしまうというタイプですね。

 

いやたかが100円くらいと考えた時点で、お金の出入りを甘く見ているのがわかります。

 

100円を毎日やれば、月に3000円、年に3万6000円です。

 

電気のつけっぱなしとか、水の出しっぱなしも同じことです。

 

1つ気をつければ後は芋づる式に節約ができますよ。

 

ちなみにこうした人の場合、カード決済やデジタル決済は避けたほうが賢明です。

 

お金の流れが見えない方法での支払いは、危険ですね。

 

収入を増やす

 

いや収入なんて望んですぐに増えるもんじゃない、と考えた時点で、お金は増えない人になってしまいます。

 

収入は増やそうとすれば、増やすことのできる世の中です。

 

例えばWEBアンケート、小さな金額ですがコツコツ貯めればそれなりの金額になります。

 

ちまちまケチ臭いなどと思っている人には、お金を増やすことはできません。

 

大きな一歩は小さな一歩からです。

 

また思い切って副業を考えてみるのもいいでしょう。

 

思わぬスキルが身につくこともありますよ。

 

ただオーバーワークにならないようにだけ、気をつける必要があるのは、憶えておいてくださいね。

 

お金というものは、待っていても増えるものではありません。

 

とにかく行動に移すことが大事です。

 

節約なんてと馬鹿にしていると、何時まで経ってもお金は増えません。

 

また小さくてもいいので、副業を持つこともお金を増やす手段です。

 

投資やギャンブルで夢を見るよりも、確実にお金が増える節約と副業でお金を増やしてくださいね。

本当にお金がない!お金がなくて困っているあなたに試してほしい3つのこと

給料日まであと〇日...。毎月毎月そんなピンチを乗り切ってはまた翌月に同じようなピンチが訪れる。

 

そういった方は多いのではないでしょうか。

 

私もそのうちの1人で、給料日前の1週間はとても苦しい日々が続いていました。

 

そんな私が給料日までを乗り切るために行っていた3つのことをこの記事でお伝えさせて頂きます。

 

私の仕事は事務職で毎月の手取りは15万円程度でした。

 

一人暮らしをしていたため、そこから家賃や光熱費、食費、交際費などを支払うと残りは僅か...。

 

さらに、私は高校生・大学生時代の奨学金約4万円も毎月返済していたため、振り込まれた給料はあっという間になくなりました。

 

現在は高校生の頃の奨学金を返済し終えたため、少し余裕ができていますが、本当にお金がなくて困っていた頃に私が
実践していた3つのことをこの記事でお伝えさせて頂きます。

 

【1】スーパーでの買い物は値引きが始まってから

 

毎月の出費において、家賃に次いで大きな出費が食費です。

 

この食費を抑えるために、私はスーパーでの買い物をする際には給料日前後関係なく、必ず値引きが始まる時間帯に行くようにしていました。

 

お弁当やお惣菜はもちろん、パンや精肉類も夕方以降になると値引きをしているスーパーが多いため、時間帯が合う時に買い物に行って
パンや精肉類は多めに購入し、冷凍していました。

 

 

通常の価格が500円の精肉も、半額であれば250円。

 

100円のパンなんて半額で買えば50円で済みます。

 

給料日前には安く買って冷凍していたこれらの食品がとても役に立ってくれます。

 

【2】フリマアプリやリサイクルショップで不要なものを売却

 

不要なものなんてない。

 

私も行動するまではそう思っていたのですが、家の中を探してみると思いのほかたくさん出てくるものです。

 

特に洋服は買ったはいいけれど、あまり着ていないものだらけでした。

 

思い切ってフリマアプリに出品したり、リサイクルショップで買い取りしてもらいうことで、お金がなくて困っている時の生活費の足しにしていました。

 

また、私の場合はリサイクルショップで使わなくなった時計や食器、家電なども買い取ってもらったことで、大きな金額が入ってきました。

 

【3】家計簿をつける

 

これは一番簡単なことですが、意外と何にいくら使ったかを記録して見直すと、今まで気付かなかった無駄遣いが見えてくるようになります。

 

 

固定費はある程度仕方ありませんが、食費や雑費を中心に家計簿をつけてみることで何か変化が出てくるかもしれません。

 

以上の3つが私が本当にお金がなくて困っていた時に行っていたことです。

 

今お金がなくて困っている人はもちろん、来月のお金が足りないなどお金に不安のある人は一度試してみてはいかがでしょうか。

 

“お金がない”のループから抜け出すために、何か生活に変化を与えてみるのも良いかもしれません。